カイゼン実例(チームの困りごと)

上手くボールが繋がらず、リズムが悪い。

カイゼン実例(チームの困りごと)

「社会人サッカーの困りごと」を、仕組みで解決した実例を公開しています。同じようなことに困っている方のお役に立てれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

■小さな困りごと
•明らかに劣勢という状況ではないが、上手くボールが繋がらずリズムが悪い。
•攻撃の基本戦術である「超高速切替からのカウンター」「サイドハーフから攻める」が繰り出せない。

■真因
•攻撃が上手くいかないことに気づいてはいるが、どうすれば良いのかわからない。
•リズムが悪い時の「守備の立て直し策」は用意したが、「攻撃の立て直し策」を用意できていない。

■カイゼン策
•守備の立て直し策として用意したプランE(全員を低い位置まで下げて守る)を、攻撃の立て直し策としても活用する。
•自チームのラインを下げ、相手ディフェンスをおびき出すことで、裏の広大なスペースにカウンターを仕掛けられる。

■効果
•攻撃の立て直し策としてのプランEで、悪いリズムを変えられるようになった。
•攻守ともに非常時対策を用意することで、全員が非常事態(リズムが悪い)を共通で認識できるようになった。

■補足
•非常事態というレベルまでいかなくとも、何となく攻撃が上手くいかないと感じたくらいで躊躇なくプランEを使っています。

■ちょっとだけ仕事モード
上手くいかない時の非常時対策を、攻守ともに用意しておきましょう。
新しい戦術を考える必要はありません。既にある資産を活用できれば、それがベストです。
私たちのチームは、守備の非常時対策を攻撃の非常時対策にも使っています。
戦略はなるべく少なくシンプルにしましょう。

■難易度
難しい
非常時対策の中身は、所属メンバーのキャラクターに依存します。

■オススメ度
★★
攻撃の非常時対策を持っている社会人チームは少ないと思います。差をつけるチャンス。

■キーワード
守備の非常時対策を、攻撃の立て直しにも使う。

免責事項
皆様が本サイトを利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。
カイゼン策は、個々の状況に応じて効果が変わることをご理解下さい。

 

…………………

上記の文章を、そのままスライドに転記した画像です。(画像として保存できます)

チームでの情報共有等にご利用下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

他にも「社会人サッカーの困りごと」を仕組みで解決した実例を公開しています。記事一覧

 

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

 

 

love.fútbolのサポーターになって「世界中の子どもたちが、安全にサッカーを楽しめるグラウンド」を一緒につくりませんか?

タイトルとURLをコピーしました