ライタープロフィール

ご覧いただきありがとうございます。

ナックと申します。(ドイツ時代のニックネーム)

 

<プロフィール>

・ドイツでプレーしたほどのサッカー好き。

・日本のものづくり企業に勤務。会社のサッカー部に所属。

・サッカーカイゼンコンサルタント

(サッカー関連の「小さな困りごと」を、人ではなく仕組みで解決します。ものづくり企業のチームならではのユニークな役割!)

 

<社会人サッカー歴>

・サッカードイツ8部リーグで2シーズンプレー

(8部!下のカテゴリー過ぎて、聞いたことないですよね笑)

ドイツで2年プレーして感じた、日本サッカーとの20個の違い

 

 

 

 

 

 

・日本に帰国後、会社(ものづくり企業)のサッカー部でプレーを続けています。

(都道府県リーグ2部、3部のレベルです。J1から数えると7部、8部。)

 

<社会人サッカーの知恵袋を始めた経緯>

 

(1)サッカードイツリーグ2シーズン目。リーグ残留、降格を分ける大一番で、サッカー人生最高の瞬間を経験。「こんな経験ができたのは、日本でサッカーをしてきたから。何とか日本サッカーに恩返しをしたい!」と決意。

(8部リーグのレベルで、神様への感謝が止まらなくなるほどの感動を経験した無宗教の人間は、滅多にいないと思います笑)

奇跡!!!残り2節、崖っぷちの状況を救ったのは?

 

 

 

 

 

 

(2)日本に帰国後、ものづくり企業の業務で染みついた「カイゼン思考」をサッカーに転用することを思い付き、ピッチ周りの「小さな困りごと」を仕組みで解決する役職「サッカーカイゼンコンサルタント」を作る。

 

(3)「ちょっとだけ仕事モード」で、「カイゼン思考」をサッカーに転用。あっという間に小さな努力で大きな成果が!1年後に都道府県3部リーグ優勝(創部51年の歴史で初の快挙)。

 

(4)私たちが行った「カイゼン実例」のうち、効果が高く、他のチームでも活用可能なものを公開すれば、全国の社会人サッカーチームが、気軽に目の前の「小さな困りごと」の解決策を覗ける「知恵袋」として機能しそうだと考える。

 

(5)クラウドファンディングで世の中の需要を確認。皆様にあたたかいご支援をいただき、プロジェクト成立となったため、「社会人サッカーの知恵袋」を立上げ。

 

<使命>

社会人が思いっきりサッカーを楽しめる環境を作り日本サッカーに恩返しする。微力ながら。

 

<困りごと相談(無料)>

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました