カイゼン実例(チームの困りごと)

ベテラン勢の活躍の場が減っている。

カイゼン実例(チームの困りごと)

「社会人サッカーの困りごと」を、仕組みで解決した実例を公開しています。同じようなことに困っている方のお役に立てれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

■小さな困りごと
•チームが勝つにつれて、ベテラン勢がリーグ戦に参加しにくくなっている。
•部の活動がシリアスに偏っている感じがして、エンジョイ層の満足度が心配。•当然、部費は全員から平等に集めている。

■真因
•メンバー全員の部費があるから、シリアス層が思いっきりリーグ戦に臨めているという意識が低い。
•ベテラン勢をターゲットにした施策を考えたことがない。

■カイゼン策
•「全員がステークホルダー」をキーワードに、シリアス層以外の満足度にも注意を払う。
•ベテラン勢の活躍の場として、35歳以上のメンバーのみが参加できる練習試合を実施する。

■効果
•試合結果報告LINEノートや、動画でのハイライト配信など、シリアス層以外に活動を報告する活動が充実した。
•35歳以上のメンバーの練習や試合への参加頻度が上がった。

■補足
•ベテラン層以外のエンジョイ層へのアプローチも積極的に行っています。
•私たちのチームには、女性も所属しているため、年に2回ミックスフットサル大会に参加しています。

■ちょっとだけ仕事モード
平等に部費を集めている以上、全員の満足度を高めるための施策が必要です。
例えば、ベテラン層の中には、シリアス層と一緒にプレーしたい人だけではなく、気軽に運動したい人、サッカーの話をしながら飲みたい人など様々な人がいます。
押しつけではなく、それぞれのニーズに寄り添った取り組みを行いましょう。

■難易度
ふつう
参加率が高いメンバーだけでなく、参加率が下がっているメンバーともに話をしましょう。

■オススメ度
★★
全員の満足度が上がることは、シリアス層がよりストレスなくプレーすることに繋がります。

■キーワード
全員がステークホルダー

免責事項
皆様が本サイトを利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。
カイゼン策は、個々の状況に応じて効果が変わることをご理解下さい。

 

…………………

上記の文章を、そのままスライドに転記した画像です。(画像として保存できます)

チームでの情報共有等にご利用下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

他にも「社会人サッカーの困りごと」を仕組みで解決した実例を公開しています。記事一覧

 

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

 

 

love.fútbolのサポーターになって「世界中の子どもたちが、安全にサッカーを楽しめるグラウンド」を一緒につくりませんか?

タイトルとURLをコピーしました