カイゼン実例(チームの困りごと)

格上に勝つために、絶対に先制点を取りたい。

カイゼン実例(チームの困りごと)

「社会人サッカーの困りごと」を、仕組みで解決した実例を公開しています。同じようなことに困っている方のお役に立てれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

■小さな困りごと
•格上の相手に逆転勝利できる確率は、限りなく低い。何がなんでも先制点を取る必要がある。
•一方で、現実的には力関係上、先制点を取られてしまい、そのまま負けてしまう。

■真因
•そもそも、「先制点を取られたら終わり」と認識できていない。
•「何が何でも先制点を取る!」という意識が浸透していない。

■カイゼン策
•「ロケットスタート」をキーワードとして掲げ、全員で何がなんでも先制点を取りに行く。

■効果
•先制点を明確に重要視できるようになった。
•先制点を意識し始めると、次第に先制点を取るための方法論を話し合うようになった。

■補足
•練習なしで効果を出すには、①意識するだけでメリットがある戦術②意識しやすいキーワードが重要です。
•「超高速切替」と同じく「ロケットスタート」も、わかりやすいキーワードで、あっという間にチームに浸透しました。
•先行逃げ切りのスタイルは、(大差をつけることで)出席メンバー全員を試合に出しやすくなるメリットもあります。

■ちょっとだけ仕事モード
仕事における「競合分析」に似ています。
まずは、競合に勝つための絶対条件を抽出しましょう。(私たちの場合は、先制点)
絶対条件をクリアするには、明確なキーワードでメンバー全員に浸透させることが大切です。
弱者が強者に勝つためには、全員で力を合わせて1つのことに資源を集中させる必要があります。

■難易度
かんたん
重点項目の見極めと、それを攻略するためのキーワード設定がポイントです。

■オススメ度
★★★
先制点にこだわると、立ち上がりの集中力が明らかに上がります。

■キーワード
ロケットスタート!!!

免責事項
皆様が本サイトを利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。
カイゼン策は、個々の状況に応じて効果が変わることをご理解下さい。

 

…………………

上記の文章を、そのままスライドに転記した画像です。(画像として保存できます)

チームでの情報共有等にご利用下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

他にも「社会人サッカーの困りごと」を仕組みで解決した実例を公開しています。記事一覧

 

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

 

 

love.fútbolのサポーターになって「世界中の子どもたちが、安全にサッカーを楽しめるグラウンド」を一緒につくりませんか?

タイトルとURLをコピーしました