カイゼン実例(チームの困りごと)

「格上に対する攻め手がない」を解決する方法

カイゼン実例(チームの困りごと)

「社会人サッカーの困りごと」を、仕組みで解決した実例を公開しています。同じようなことに困っている方のお役に立てれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

■小さな困りごと
・格上の相手から全く点が取れない。
・点が取れないだけでなく、チャンスもほとんど作れない。


■真因
・攻撃は、個人の能力に任せっぱなし。そもそも攻撃の戦術がない。
・攻撃の戦術を考えたとしても、浸透させるための練習がない。


■カイゼン策
・「超高速切替」からのカウンターを磨く。一般に得点の35%はカウンター。
・「切替」は練習しなくても、意識のみで、「今」から変えられる。「切替」の速さだけは、どのチームにも負けない。


■効果
・素早い切替で、相手の守備が整う前に攻めることで、格上の相手から点が取れるようになった。チャンスの数も増えた。
・攻->守の切替も速くなった。ピンチが減り、高い位置で奪い返す(高い位置から攻撃を始める)シーンが増えた。


■補足
・練習なしで効果を出すには、①意識するだけでメリットがある戦術②意識しやすいキーワードが重要です。
・「超高速切替」は、わかりやすいキーワードで、あっという間にチームに浸透しました。


■ちょっとだけ仕事モード
仕事における「得意先のランク分け」に似ています。
全ての得意先を同じ頻度で訪問するのではなく、売上規模に応じて訪問頻度を変えるのがセオリーです。
得点の35%を占める「カウンター」は、「最重要得意先」のようなもの。
手持ちのスキルが変わらなくても、試す回数(訪問回数)を増やすだけで、全体の成果を効率的に増やすことができます。


■難易度
ふつう
意識・戦術を浸透させるには、キーワードが重要です。


■オススメ度
★★★
意識するだけで(練習しなくても)、すぐに成果が出ます。


■キーワード
超高速切替!!!



免責事項
皆様が本サイトを利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。
カイゼン策は、個々の状況に応じて効果が変わることをご理解下さい。

 

…………………

上記の文章を、そのままスライドに転記した画像です。チームでの情報共有等にご利用下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

他にも「社会人サッカーの困りごと」を仕組みで解決した実例を公開しています。記事一覧

 

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました