ドイツ社会人サッカー体験記

ドイツで2年プレーして感じた、日本サッカーとの20個の違い

ドイツ社会人サッカー体験記

ドイツローカルクラブでの2シーズンを、体験記として公開しています。ドイツ社会人サッカーの「リアル」をお伝えできれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

この記事は、

ドイツで2年プレーした私が、「ドイツサッカーと、日本サッカーの違い」という観点で、実体験をまとめたものです。

 

ドイツでのデビュー戦で
「なんだコレ!日本のサッカーと違う競技やん!!!」とカルチャーショックを受け、心が折れたのが始まり。

 

その日から、1つひとつ積み重ねた経験が、誰かの役に立つことを願って書きました。

 

この記事のウリ!

 

■ドイツで、選手として2シーズンプレーした経験を中心に書いています。

ドイツで指導者研修を受けた人の意見でもないし、テレビで海外サッカーを見ている専門家の意見でもない、選手としての生の声です。

単発の経験ではなく、年単位でプレーしたからこそ見えてきたものも、たくさん載せています。

ライタープロフィール

 

■包み隠さず、本音を書いています。

プロ選手が、自分の体験談を全て語るとは思えません。

自分が必死で見つけたノウハウを簡単に公開すれば、ライバルの成長を助けてしまうかもしれないからです。

 

大手留学斡旋会社は、選手の体験談を編集します。悪い話ばかりでは、申込みが少なくなるからです。

 

私は、損得勘定をする必要がありません。自分の経験が、日本サッカーに少しでも役立つよう、苦労して見つけた大切なことも含めて、全て公開しています。

 

■ドイツに特化しています。

ドイツでの体験しか持ち合わせていないので、ドイツサッカーに絞って書いています。

(きっと、ブラジルサッカーとは違うこともたくさんあると思います。)

 

ただ、私がドイツでプレーしたのは、2014年から2016年。

ドイツ代表が、ワールドカップチャンピオンとして君臨している時期です。

「世界最強国のリアル」はリーグのカテゴリーを問わず、価値があると信じています。

 

それでは、私が感じた「ドイツサッカーと、日本サッカーの違い」をご覧下さい!

 

なんせ、フィジカルありき。

 

1.ドイツ人は、同じサッカーという名前の違うスポーツをしている。

日本のサッカーは、球技。

ドイツのサッカーは、格闘技。

 

ドイツでのデビュー戦で受けた、交通事故のようなタックルは、一生忘れられません、、、。

 

シャルケで長年活躍した、内田選手も、あるインタビューで、

「ドイツでは、戦えるやつが良い選手」

「日本のサッカーとドイツのサッカーは、同じスポーツとは言えないくらい違う」

「スタジアムは、闘技場だ」

と話されています。

(https://youtu.be/lAsf3_zRFWk)

 

2.ドイツ人のキックのパワーは、物凄い。

シュートレンジ、シュートスピードが、日本人と全然違います。

弱いシュートは笑われます。

 

私が所属していたクラブの、小学生カテゴリーを見ていると、コースよりも、明らかにスピード重視で、思いっきりシュートを打つ練習をしていました。

 

3.ドイツ人は、ストレッチ無しで動ける。

練習前に静的ストレッチをして、ランニングや足上げで体を温めているのは私だけ。

 

チームメイトは、グランドに入るとすぐに、ボール回しを始めます。

ストレッチ無しで、平気でロングボールを蹴り合っている選手も居ます。

 

4.ドイツ人のテクニシャンは、日本人のテクニシャンと同じ技術レベルで、15センチ背が高い。

日本人、165センチ、テクニックとクイックネスで勝負!みたいなタイプの選手が、ドイツでは180センチあります。

私が対戦した、ドイツ人テクニシャン

 

私は、サッカーを始めた頃から、ドリブルが得意でした。

しかし、それは日本人が相手という前提において。

 

ドイツ人のフィジカル、守備力の前では私のドリブルはほとんど通用しませんでした。

ドイツ人のフィジカル、守備力を相手に磨かれたドイツ人ドリブラーが、日本人ドリブラーと体格が違うのは当たり前のことかもしれません。

 

MOVEMENT GLOBAL FOOTBALL代表の植松慶太氏も、

「日本の子ども達のドリブルは、世界で通用するレベルで鍛えられていない」

と指摘されています。

(https://coachunited.jp/column/000432.html)

 

5.ドイツ人は、日本的なテクニックは無いが、試合では問題にならない。

基本的にノンプレッシャーでの、トラップ、パス、ドリブルは日本人の方が、ドイツ人より上手いです。

 

ただ、プレッシャーがかかる状況では、別の話。

ドイツ人はトラップが多少ズレても、フィジカルの強さでカバーします。

 

日本人である私は、少しのトラップミスも許されません。

屈強なドイツ人の、猛烈なタックルに耐えられないからです。

少しのミスも許されないと感じてしまうと、悪循環でミスをしてしまいます。

 

6.ドイツ人は、フットサルをしない。

1度だけ、冬に屋内の人工芝で、サッカー5(いわゆるフットサル)をしましたが、コーチもチームメイトも、「怪我をするからなるべくやりたくない!」と言っていました。

 

体育館でのフットサルなどもってのほか。

何より、狭いスペースでの、テクニック重視のゲームは、ドイツ人にとっては、単純につまらないそうです。

 

メンタルも、とてつもなく強い。

 

7.ドイツ人は、試合になると何倍も力を出す。

これはヨーロッパでプレー経験がある人なら誰もが納得のはず。

 

ドイツ人は、練習時の2倍くらいのパフォーマンスを試合で出します。

あんなにパッとしない選手がなんでこんなに活躍するんだ!と何度も驚きました。

 

フランスのプロクラブで、チャンピオンズリーグにも出場した日本人女子サッカー選手とも、この話で盛り上がりました。

 

彼女は、「マイペース」(多様性を受け入れ、一人一人違って当然、自分は自分と感じている)、「勝ちたい気持ちの強さ」、「プレッシャーを楽しむ感覚」がヨーロッパ人の、試合におけるハイパフォーマンスの理由だと分析していました。

 

ヨーロッパ人は、試合で、自分の得意の形、パターンに持ち込むのも本当に上手いです。

 

8.ドイツ人は、猛烈に負けず嫌い。

日本人とは、負けず嫌いのレベルが違います。

とにかく、目の前の相手を打ち負かそうとします。

 

練習試合で、チームメイトが、相手選手から報復行為のファールを受けて病院送りになったのは衝撃的でした。

 

9.ドイツ人は、頻繁にスライディングをする。

簡単に抜かれることは、絶対に許されません。

最後の最後まで、スライディングで食らいつきます。

 

8部リーグであろうと、ファールをしてでも、相手を止めることは当たり前です。

 

10.ドイツ人は、ゴールを最高に喜ぶ。

ゴールは最高の栄誉です。

日本人とは、喜びのレベルが違います。

 

ゴールした本人も、チームメイトも、心の底から喜びます。

 

それは、ストリートサッカーでも同じ。

子ども達は、ゴールを決める度に最高に嬉しそうに(大袈裟に)ガッツポーズをします。

 

11.ドイツ人は、パスをしない。

ゴールを決めれば、ヒーローなので、せっかく自分の元に届いたボールを、簡単に人には渡しません。

 

私は、オフザボールの動きにも自信があったのですが、初めの頃はあまりにパスが来ないことに驚きました。

 

レスター加入直前に、お会いした岡崎選手も、

「ヨーロッパに来て、パスが来るのを期待することをやめた。」

「日本では、5本走って1本パスが来ていたが、こちらでは、10本中1本しか出てこなくなった。それでも走る。」

「人のために走るのは、自分のスタイルだから。それに見返りを求めているわけではない。」

と話してくれました。

 

そもそも、サッカー文化が全然違う。

 

12.日本より、リーグのレベルが高い。

日本人プレーヤーが、ドイツでプレーする場合、日本と比べて1〜2カテゴリー下のリーグでプレーするのが、一般的です。

 

J1の選手であれば、ドイツでは、2部か、3部でプレーすることが多いです。

元鹿島の大迫選手も、元浦和の関根選手も、まずは、ドイツの2部リーグに移籍しましたね。

留学希望者必見!今の自分は、ドイツ〇部リーグレベルだ!と一発で計算する方法

 

13.ドイツでは、8部でも、活躍すれば、スーパースター扱い。

チームを残留に導くゴールを決めた日は、人生最高の1日でした。

歩けば祝福される、という状態です。

 

中村俊輔選手も、「サッカー選手の存在価値は高く、点を決めればヒーロー」だと語っています。(もちろん、私の話とは全然レベルが違いますが)

(https://www.football-zone.net/archives/78840)

 

14.ドイツでは、8部でも、給料をもらえるクラブがある。

月数万円程度ですが、給料をもらえるチームもあります。

ドイツでは、3部リーグから、プロ扱い。

3部で、年収1000万円に届くそうです。夢がありますね。

3部で年俸1400万円!サッカードイツリーグの給与事情まとめ

 

少し話がずれますが、ドイツ7部リーグからのぼりつめ、ヨーロッパリーグの舞台でプレーした選手も居ます。夢がありますね。

(https://www.soccer-king.jp/news/world/el/20180215/716178.html)

 

15.ドイツでは、8部でも、観戦有料の場合がある。

怪我で出場できなかった時に、たまたま応援に行った所属クラブのアウェイゲームが、入場料1人650円で驚きました。

(選手としてピッチに居ることが多かったので、長い間知りませんでした。)

ホームチームが作成したマッチデープログラムを、貰うことができます。

 

16.ドイツでは、8部でも、子どもと手を繋いで入場することがある。

アウェイで、対戦相手の下部組織の子ども達と手を繋いで入場しました。

 

17.ドイツ人監督は、試合前の話が長い。

私の所属チームの監督だけかもしれませんが、、、。

 

アップ前に、20分以上話します。

元々ドイツ人は議論好き、話好き。戦術を語り出したら、止まらない感じでした。

 

18.ドイツでは、副審無しで試合を行う。

8部カテゴリーの普段のリーグ戦は、基本的に主審1人で、全てのジャッジを下します。
(入替戦などの大事な試合では、第四審まで居ましたが)

 

はじめは、ちゃんとオフサイドの判断ができるのかな?と思っていましたが、意外とわかるようで、判定を巡って口論になることは、ほとんどありません。

 

審判が1人居れば試合が成立するという考え方は、誰もが、手軽に試合を楽しむことに繋がっていると思います。

 

19.ドイツでは、交代でピッチの外に出ても、再度出場できる。

8部カテゴリーの試合では、一般的なルールのようです。

最小限のベンチメンバーでやりくりできるので、結果的に選手一人一人のプレー時間を増やすことに繋がっていました。

交代制度の解説

 

20.ドイツ人は、大事な試合があっても、平気で旅行や遊びを優先する。

サッカーが文化になっていて、本当にサッカーが大好きなドイツ人。

しかし、「サッカーが人生の全て!」という感覚ではありません。

(これはドイツ人の、仕事に対する考え方も同じです。仕事より、旅行、遊びを優先するのが一般的。)

 

私が、残留のかかった、とても大切なリーグ最後の2試合に先発出場できたのも、レギュラーメンバーの1人が旅行で欠席だったからかもしれません。

 

まとめ

 

「ドイツで2年プレーして感じた、日本サッカーとの違い」を大きく分類すると、下記の通りでした。

 

ーフィジカル
ーメンタル
ーサッカー文化

 

簡単に言うと、ドイツの「サッカー」は日本の「サッカー」と同じ名前の違う競技です(笑)。

 

両社の違いはとても大きく、私は適応するのに1年かかりました、、、。

(1年もかかると、挑戦(留学など)の期間が終わってしまいます)

 

これからドイツでプレーする方は、私と同じ轍を踏まないよう、事前の予習資料として活用いただければと思います。

 

この記事が、日本サッカーの発展に少しでも貢献できれば幸いです。

 

■最後に一言。

日本人と外国人は色々違いますが、ボールを蹴れば誰とでも繋がれる。

国籍の違う人と、サッカーで繋がれるのは最高に楽しい!!!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらの関連記事も、是非ご覧下さい!!!

練習がない社会人プレーヤーでもできる「ふくらはぎがつりやすい」を解決する方法

タイトルとURLをコピーしました