ドイツ社会人サッカー体験記

運命の一戦!!!最終節、自動降格を免れたのか?

ドイツ社会人サッカー体験記

ドイツローカルクラブでの2シーズンを、体験記として公開しています。ドイツ社会人サッカーの「リアル」をお伝えできれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

奇跡の勝利の翌日、会社に出社しました。

 

ここでも祝福の嵐。

観戦に来てくれた、Hさん(同僚のフランス人女性)が、facebookに、試合結果をあげてくれたようです。

Hさんは、私がプレーしている写真を印刷して、自分の机に何枚も貼っていました(笑)

 

上司にあらためて、観戦のお礼を伝えると

「鳥肌が立った。良いものを見せてもらった」と言ってくれました。

 

6日後、試合前日の土曜日の夜。

いつも通り、グランドを散歩していました。

 

明日はいよいよ運命の最終戦。

ドイツで、本気でプレー出来るのは残りわずか。

 

私にとっては、W杯、チャンピオンズリーグ。

ただひたすら、勝利を祈りました。

 

帰国を10日後に控えた、6月5日、最終戦をホームで迎えました。

相手はリーグ4位のチーム。

11位の私たちは、引分け以上で、順位をキープでき、入替戦に回れます。

(12.13位は自動降格)

 

前節に結果を出し、練習でも体がキレていましたが、残念ながら10番を付けることはできませんでした。

4ー4ー2の、左サイドハーフで先発。

 

全員が、集中していました。

格上相手にも関わらず、主導権を握ることができました。

 

私も左サイドでドリブルを仕掛け、いくつかチャンスを作ることが出来ました。

劣勢の相手チームは、前半の途中からフォーメーションを3ー5ー2に変えてきました。

私は、システム上のミスマッチを埋めるため、より一層上下動を繰り返さなければなりませんでした。

 

我慢の時間帯も、気持ちのこもった守備でしのぎ、前半終了間際に左利きのファンタジスタ、ルーカスのゴールで先制に成功しました。

後半も、チームは素晴らしい一体感でした。

プレーしながら、このチームの一員であることを幸せに感じていました。

 

私は、守備で無理が効かなくなった後半15分に交代。

その後、快速ウイングのシュスターが、FKを決めて2ー0。

 

1点を返されたものの、途中出場したFWのダニエルがゴールを決め、3ー1で勝利を収めることが出来ました。

 

【引用:http://www.bvb.jp/photos/?req_year=2017&req_month=5】

 

得失点差で順位を1つ上げ、10位でフィニッシュ。

 

20試合で勝点12だったチームが、残り4試合で勝点9を獲得し、順位を13位から10位に上げ、自動降格を免れました。

 

全てが綱渡りでしたが、何とかここまで辿り着いた、、、。

入替戦は残っていますが、ひとまず充実感を噛みしめました。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらの関連記事も、是非ご覧下さい!!!

ドイツで2年プレーして感じた、日本サッカーとの20個の違い

タイトルとURLをコピーしました