ドイツ社会人サッカー体験記

シーズンクロージングパーティはどんな感じ?

ドイツ社会人サッカー体験記

ドイツローカルクラブでの2シーズンを、体験記として公開しています。ドイツ社会人サッカーの「リアル」をお伝えできれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

入替戦を終えた次の週の6月20日、クラブハウスのレストランで、シーズンクロージングパーティがありました。

 

オープニングパーティと違うのは、退団選手を送り出すこと。

3名の選手の退団が、発表されました。

 

ずっと怪我でプレーしていなかったトビーは、上のリーグに所属するクラブのテストに合格して移籍、スタメンFWのマックスは、同じリーグの別のクラブへ移籍。

控えキーパーのアンディは、他の地域へ引越しとのことでした。

 

悲しいムードではなく、残留を決めたポジティブな雰囲気が続いている感じでした。

そのため、結局は飲む、歌う、踊るのいつも通りのドンチャン騒ぎが始まりました。

 

突然、チームのミュージック担当が

「ナック!日本人だからこの曲を知ってるでしょ!」と言いました。

 

聞こえてきたのは、カンナムスタイル。

(日本と韓国は、同じくくりなんだろう)

私がビールを置き、キレキレのダンスを披露すると、レストランは大歓声に包まれました。

 

 

次々に、チームメイトが乾杯やハイタッチを求めて私のもとにやってきます。

まさに、スーパースター状態。

 

これには、理由がありました。

半年以上前の10月に行われた、初めての展示会。

ディナーは、お客様全員との会食パーティでした。

食事の後は、プロのDJがやってきて音楽をかけて踊ります。

このパーティは、毎回の展示会恒例だったようで、初参加の私はステージに上げられ、カンナムスタイルを即興で踊らされました。

何とか、勢いで会場を盛り上げたものの、次回同じクオリティではまずいと感じました。

 

次回の展示会は、5月。

私は、4月のイースターホリデーの3日間を、カンナムスタイルのダンス練習に費やし、完璧なクオリティに仕上げました。

もちろん、昼間のプレゼンテーションが最も大切ですが、夜を含めて展示会の価値を上げることが、売上増に繫がると考えたからです。

 

展示会で、初めてのプレゼンテーションを終えた夜、予想通りカンナムスタイルのイントロが流れました。

私は、22ヶ国100名のお客様の前で、磨き上げた完璧なダンスを披露し、会場は興奮の坩堝と化しました。

今まで経験したことのない興奮状態に、音楽とダンスの力の大きさを感じました。

 

この成功体験から1ヶ月後に偶然、チームのレストランで、同じ曲がかかったというわけです。

また1つチームメイトとの絆を深め、ドイツでの初めてのシーズンを終えました。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらの関連記事も、是非ご覧下さい!!!

ドイツで2年プレーして感じた、日本サッカーとの20個の違い

タイトルとURLをコピーしました