ドイツ社会人サッカー体験記

衝撃!!!サッカードイツリーグデビュー戦で感じたこととは?

ドイツ社会人サッカー体験記

ドイツローカルクラブでの2シーズンを、体験記として公開しています。ドイツ社会人サッカーの「リアル」をお伝えできれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

入団から1ヶ月が経った8月下旬、いよいよ公式戦デビューの日がやってきました。

 

公式戦はもとより、ドイツでの練習試合の経験もない私にとって、待ちに待った初めての試合です。

 

 

雨の中のアウェイゲーム。

私達のホームグランドと同じように、天然芝のピッチに、レストラン付きのクラブハウスが併設されていました。

 

初めて経験する試合前のロッカールームは、テレビで見たことのある、ヨーロッパのそれでした。

チームのミュージック担当が音楽をかけ、全員が試合に向けて気持ちを高めています。

 

監督が音楽を止め、話し始めました。

ドイツ語がわからない私には、詳細を理解することはできませんでしたが、ホワイトボードを使っていたので、何となく内容を推測することができました。

 

初めてのメンバー発表。

一番気持ちが高まる瞬間です。

 

残念ながら、まだ1stチームのメンバー全員の名前も知らず、ドイツ語の数字も覚えていない私には、誰がどのポジションで出場するのか全く理解できませんでした。

 

発表後に、隣に居たベテランFWのニコに「俺はスタメンか?」と聞くと、「君はサブで背番号12番だ」と教えてくれました。

 

スタメンで出たいと思っていましたが、自チームの戦術も、フォーメーションもさっぱりわからない状況では、サブもやむなしという気持ちになりました。

 

試合が始まると、ようやく、チームメイトのポジションやスタイルがわかってきました。

フォーメーションは、4-1-4-1。

私のサッカー人生では、経験したことのないものです。

自分が出るとしたら1トップか、2シャドーのどちらかだろうと思いました。

 

試合は終始劣勢、前半で0-3となってしまいました。

ただプレーしている選手達(相手選手も含めて)のレベルが高いとは、全く思いませんでした。

 

私は「ここに試合を変えるスペシャルな日本人が隠れているから、早く試合に出してくれ」という気持ちで、ハーフタイムのアップを行なっていました。

 

後半15分、監督から声がかかりました。

ついにデビューの瞬間、心がワクワクしました。

ポジションは、右サイドハーフ。

 

雨が強くなり、得意のドリブルがどこまで出せるかは不透明でしたが、このレベルなら、残り30分でインパクトを残せると思いました。

 

最初のワンプレー。

私は、斜め後方の味方から、ショートパスを受けました。

この先ずっと忘れられない経験が訪れます。

 

私がトラップをした瞬間、交通事故にあったような衝撃を受け、体が2メートルほど吹き飛びました。

 

DFから目を離した一瞬で、間合いを詰めるスピードと、経験したことのないパワー。

 

カルチャーショックでした。

 

私は、ボール扱い、とりわけドリブルに自信を持っていました。

しかし、この後、試合終了までの25分間、植え付けられた恐怖心で、まともにボールを触ることができませんでした。

 

試合は1-5で終了。

これまでの長いサッカー人生で、最低の、屈辱的な試合でした。

私が日本でプレーしていたサッカーとは全く違う、、、。

信じられないパワーと、ファイティングスピリット。

 

自分のレベルが低いというより、そもそも、ドイツのサッカーは、日本のサッカーとは別のスポーツだと感じました。

今までやってきたサッカーは、一体何だったのだろう、、、。

これまでのサッカー人生を否定されたような、圧倒的絶望感に打ちひしがれた、忘れられない1日でした。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらの関連記事も、是非ご覧下さい!!!

ドイツで2年プレーして感じた、日本サッカーとの20個の違い

タイトルとURLをコピーしました