カイゼン実例(チームの困りごと)

監督がいなくてもできる!「守備が上手くはまらなかった時に混乱する」を解決する方法

カイゼン実例(チームの困りごと)

「社会人サッカーの困りごと」を、仕組みで解決した実例を公開しています。同じようなことに困っている方のお役に立てれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

■小さな困りごと
・格上の相手に攻められっぱなし。
・いつもの守備が機能せず混乱。立て直しもできない。


■真因
・センターバック1人を守備の司令塔としており、守備に関する指示を任せっきり。
・彼が大忙しの展開だと、守備の指示・修正が途絶えてしまう。


■カイゼン策
・守備の司令塔を2人体制にする。守備的MF1名を、新たに守備の司令塔に任命。
・試合開始10分で、守備の司令塔2人が守備のはまり具合を確認。チーム全体に状況を共有する。


■効果
・センターバックが大忙しの展開でも、もう一人の守備の司令塔から守備の指示・修正ができるようになった。
・余裕のある展開でも、試合開始10分で守備戦術を確認・微修正する習慣がついた。


■補足
・守備の司令塔がセンターバック1人だと、前線の守備まで見切れないケースがあります。
・もう1人の守備の司令塔は、ディフェンスラインより前から選出することをオススメします。


■ちょっとだけ仕事モード
守備の司令塔2人体制は、仕事における”人員調整”に似ています。
重要かつ苦戦している業務には、担当者を増やしましょう。
守備が混乱すると敗北に直結します。
重要な業務と言えるので、上手く進んでいるか初期段階でチェックする仕組みを作りましょう。


■難易度
ふつう
守備の戦術理解度が高い選手が2人必要です。


■オススメ度
★★
試合中に守備の状況を声に出して確認する習慣がつきます。



■キーワード
忙しかったら、手を(足を)借りる。



免責事項
皆様が本サイトを利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。
カイゼン策は、個々の状況に応じて効果が変わることをご理解下さい。

 

…………………

上記の文章を、そのままスライドに転記した画像です。チームでの情報共有等にご利用下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

他にも「社会人サッカーの困りごと」を仕組みで解決した実例を公開しています。記事一覧

 

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました