カイゼン実例(チームの困りごと)

PK戦で勝点がもらえるカップ戦の終盤で混乱。

カイゼン実例(チームの困りごと)

「社会人サッカーの困りごと」を、仕組みで解決した実例を公開しています。同じようなことに困っている方のお役に立てれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

■小さな困りごと
•カップ戦の予選ラウンドは、60分勝ち、PK勝ち、PK負けで勝点がもらえる変則ルール。
•後半残り数分の場面で、勝負をつけにいくのか、PK戦も許容なのか意思統一ができなかった。

■真因
•リーグ戦の目標は明確に設定しているが、カップ戦の目標を設定できていなかった。
•大会全体の目標は明確に設定しているが、目の前の試合の目標を設定できていなかった。

■カイゼン策
•試合前日に配信するLINEノートに、新たな項目として「目標」を追加した。
•カップ戦の場合は、目標:勝点3(60分勝利、得失点差は気にしない!)等を記載して、全員で共有した。

■効果
•「とにかく勝つ」、「できるだけ得失点差を稼いで勝つ」、「負けない」等
目の前の試合の目標が、明確になった。•それを実現するために1つひとつの判断をするようになった。

■補足
•①リーグ優勝②そのための勝利③そのためのゴール④そのためのシュート⑤そのためのカウンター、、、
•最終目標を、具体的なプレーの判断まで順を追って落とし込んだつもりでしたが、②の粒度が大き過ぎました。

■ちょっとだけ仕事モード
年間売上目標を、1月に、1週に、1日に落とし込むのは最低限の目標設定です。
1日の売上目標に、必要に応じて得意先別や商材別等の全体方針に基づいた条件を付けましょう。
私たちの場合は、最終目標をリーグ優勝においていました。そのために、全勝することを目標にしていましたが、相手に応じて、勝利の粒度を変えても良かったと思います。(結局、1引き分けで優勝しましたが)

■難易度
かんたん
試合前の配信資料に1項目を追加するだけです。

■オススメ度
★★★
目の前の試合の目標が明確になると、プレーの判断も明確になります。

■キーワード
粒が大きすぎた目標。

免責事項
皆様が本サイトを利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。
カイゼン策は、個々の状況に応じて効果が変わることをご理解下さい。

 

…………………

上記の文章を、そのままスライドに転記した画像です。(画像として保存できます)

チームでの情報共有等にご利用下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

他にも「社会人サッカーの困りごと」を仕組みで解決した実例を公開しています。記事一覧

 

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

 

 

love.fútbolのサポーターになって「世界中の子どもたちが、安全にサッカーを楽しめるグラウンド」を一緒につくりませんか?

タイトルとURLをコピーしました