カイゼン実例(チームの困りごと)

攻め手を途中で変えられない。

カイゼン実例(チームの困りごと)

「社会人サッカーの困りごと」を、仕組みで解決した実例を公開しています。同じようなことに困っている方のお役に立てれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

■小さな困りごと
•攻撃が上手くいかない場合は、1トップをチーム1の快速選手に変更。アバウトなボールでコーナーフラッグを取る
•その作戦に対応された時の、次の打ち手がない。

■真因
•攻め手の選択肢(練習をしていないので、細かな連携を必要とせず、意識するだけでできるもの)が用意されていない。
•攻め手が複数あったとしても、監督がいないので試合中に攻め手を切り替えられない。

■カイゼン策
•練習なしで実行できる攻め手を複数用意する。
•攻撃の司令塔の判断で、1トップを試合中にガンガン入れ替える。1トップが誰かによってチーム全体に攻め手を伝える。
•1トップが、、、

A(守備型)->ハイプレスをかけて、高い位置で奪って速く攻める

B(スピード型)->アバウトなボールでコーナーフラッグを取る

C(技術型)->0トップで中盤を増やして繋ぐ

■効果
•状況に応じて、練習なしで実行できる攻め手3つを使い分けられるようになった。

■補足
•監督がいなくても、1トップが誰かによって、全員が攻め手を共通認識できます。

■ちょっとだけ仕事モード
上手くいかない時のために、プランB、プランCを用意しましょう。
頭を使って考えれば、練習なし、連携なしでできるシンプルなセカンドプランを用意することは、難しくありません。
(阿吽の呼吸で崩せれば理想ですが、練習なしではできません。試合で使えないプランはきっぱりと捨てましょう。)
作戦を変える場合のサインはシンプルに。一目で関係者全員に伝わるような仕組み(1トップが誰かで提示)が必要です。

■難易度
ふつう
メンバーの特徴に合った「連携不要でシンプルな攻め手」を複数見つけられるかがポイント。

■オススメ度
★★★
何度も攻撃の(複雑な)型にトライして挫折してきましたが、この方法は効果抜群です。

■キーワード
攻め手とサインはシンプルに。

免責事項
皆様が本サイトを利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。
カイゼン策は、個々の状況に応じて効果が変わることをご理解下さい。

 

…………………

上記の文章を、そのままスライドに転記した画像です。(画像として保存できます)

チームでの情報共有等にご利用下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

他にも「社会人サッカーの困りごと」を仕組みで解決した実例を公開しています。記事一覧

 

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

 

 

love.fútbolのサポーターになって「世界中の子どもたちが、安全にサッカーを楽しめるグラウンド」を一緒につくりませんか?

タイトルとURLをコピーしました