カイゼン実例(チームの困りごと)

DFラインが高い相手を、上手く崩せない。

カイゼン実例(チームの困りごと)

「社会人サッカーの困りごと」を、仕組みで解決した実例を公開しています。同じようなことに困っている方のお役に立てれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

■小さな困りごと
•ディフェンスラインが高い(オフサイドトラップ型)の相手を上手く崩せない。
•スピードのある3トップを用意しているので、相手ディフェンスの裏にスペースがある状況はポジティブなはず。

■真因
•相手ディフェンスの裏を取れるタイミングが多すぎて、急いでスルーパスを狙ってしまう。
•その攻撃は、自分たちのタイミングではなく、相手が想定しているタイミングなので、簡単に守られてしまう。

■カイゼン策
•ボランチから1トップへの角度のないスルーパスや、真ん中を細かな連携で崩すのは非現実的。(練習してないので)
•サイドハーフからのアーリークロス(できればワンタッチ)で崩す。角度をつければ、裏の広大なスペースを使える。

■効果
•高いディフェンスラインをアーリークロスで攻略し、得点を奪えるようになった。
•得意の①ショートカウンターと相手に合わせた②アーリークロス、明確に2つの攻め手を使い分けられるようになった。

■補足
•試合開始10分で、ディフェンスラインが高い相手かどうかを見極める仕組みにしています。
•ラインが高い相手の場合は、攻撃の司令塔から「プランEC(アーリークロス)」の指令が出ます。

■ちょっとだけ仕事モード
特定の相手に対して、特定の有効打があるならば、あらかじめプランを用意しておきましょう。
まずは、目の前の相手が、「特定の相手」にあたることを認識する仕組みが必要です。
私たちの場合は、攻撃の司令塔が開始10分で相手ディフェンスラインの穴を見つける仕組みにしているので
その際にDFラインが高い相手なのかどうかを、合わせて見極めています。

■難易度
ふつう
アーリークロスという具体的な攻略法には、適切な人材が必要です。

■オススメ度
★★
パスに角度を付けることで、簡単に高いディフェンスラインを攻略できます。

■キーワード
広大な裏のスペースには角度を付ける。

免責事項
皆様が本サイトを利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。
カイゼン策は、個々の状況に応じて効果が変わることをご理解下さい。

 

…………………

上記の文章を、そのままスライドに転記した画像です。(画像として保存できます)

チームでの情報共有等にご利用下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

他にも「社会人サッカーの困りごと」を仕組みで解決した実例を公開しています。記事一覧

 

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

 

 

love.fútbolのサポーターになって「世界中の子どもたちが、安全にサッカーを楽しめるグラウンド」を一緒につくりませんか?

タイトルとURLをコピーしました