カイゼン実例(チームの困りごと)

ボールポゼッションが目的になってしまう。

カイゼン実例(チームの困りごと)

「社会人サッカーの困りごと」を、仕組みで解決した実例を公開しています。同じようなことに困っている方のお役に立てれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

■小さな困りごと
•ボールを支配しているが、結局ゴールを奪えていない。
•ボール支配率とは裏腹に、チャンスの数はそれほど多くない気がする。

■真因
•勝利のためのポゼッション、ゴールのためのポゼッションという意識が不足している。
•「ゴール数」はわかりやすい数字だが、「進捗確認数字」としては変動頻度が少なすぎる。

■カイゼン策
•「勝利」「ゴール」に繋がる指標として、「シュート」を数える。

■効果
•「勝利」「ゴール」のための手段は「シュート」。「シュート」に繋がるボール回しができるようになった。
•「シュート」が増えたことで、「ゴール」が増えた。

■補足
•自チームのシュートを数えるだけでも、攻撃の効率性を測ることができ、効果的です。
•できれば、相手チームのシュートも数えましょう。優勢に試合を進められているかどうか、数字で掴むことができます。

■ちょっとだけ仕事モード
ボールポゼッションは、試合に勝つための手段であり、目的ではありません。
手段と目的をはき違えないようにしましょう。
目的が遠すぎる場合は、結果に繋がりやすい数値を中間目標に設定し、進捗確認に使いましょう。
中間目標も、あくまで手段だと捉える必要があります。無理やりシュート数を増やすことは、効果的ではありません。

■難易度
難しい
シュートを数えられる人材の確保が必要です。ベンチメンバーの質が問われます。

■オススメ度
★★
数字の説得力は絶大です。「なんとなくシュートが少ない気がする」とは違います。

■キーワード
ゴール数では、変動頻度が少なすぎて進捗が掴めない。

免責事項
皆様が本サイトを利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。
カイゼン策は、個々の状況に応じて効果が変わることをご理解下さい。

 

…………………

上記の文章を、そのままスライドに転記した画像です。(画像として保存できます)

チームでの情報共有等にご利用下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

他にも「社会人サッカーの困りごと」を仕組みで解決した実例を公開しています。記事一覧

 

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

 

 

love.fútbolのサポーターになって「世界中の子どもたちが、安全にサッカーを楽しめるグラウンド」を一緒につくりませんか?

タイトルとURLをコピーしました