カイゼン実例(チームの困りごと)

格上が相手だと、先制したのに逆転される。

カイゼン実例(チームの困りごと)

「社会人サッカーの困りごと」を、仕組みで解決した実例を公開しています。同じようなことに困っている方のお役に立てれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

■小さな困りごと
•格上が相手でも、先制点を取れるようになった。(ロケットスタートウォーミングアップカイゼンスリーアローズ)
•でも、相手の力が上なので結局逆転されてしまう。

■真因
•目指す最終スコアが曖昧。チームの中に、1-0で逃げ切りたい選手もいれば、もう1点取りたい選手もいる。
•先制点を取るための戦術は明確だが、先制点を取った後のアクションプランが曖昧。

■カイゼン策
•格上相手に無失点の1-0勝利は現実的ではない。「失点は、する前提」で意識を統一する。
•失点した相手は弱っているので、3トップによるハイプレスを実施し、自信を奪う。ギアを上げて追加点を狙いにいく。

■効果
•1-0から数分間で追加点を取れるケースが増えた。
•「失点は、する前提」一見ネガティブだが、きっぱりと現実を受け入れたことで迷いなくプレーできるようになった。

■補足
•得点直後はチャンスタイムと捉え、3トップ(スリーアローズと呼んでいます)によるハイプレスで畳みかけます。
•ハイプレスを続ける時間は、攻撃の司令塔が判断・指示をしています。

■ちょっとだけ仕事モード
仕事における「ランチェスター戦略」に似ています。
結果が出たら(先制点を取ることができたら)、畳みかけましょう。
競合との差を一気に広げることで、競合が諦め、無用な争いがなくなります。
現実を受け入れて(失点は、する前提)、それでも最後に勝つ方法を考えましょう。

■難易度
ふつう
先制点を取った後に、攻めるのか守るのか明確に決めておくことがポイントです。

■オススメ度
★★
手段に関わらず、失点で沈んでいる相手を一気に叩くことは効果的です。

■キーワード
結果が出たら一気に畳みかける「ランチェスター戦略」

免責事項
皆様が本サイトを利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。
カイゼン策は、個々の状況に応じて効果が変わることをご理解下さい。

 

…………………

上記の文章を、そのままスライドに転記した画像です。(画像として保存できます)

チームでの情報共有等にご利用下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

他にも「社会人サッカーの困りごと」を仕組みで解決した実例を公開しています。記事一覧

 

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

 

 

love.fútbolのサポーターになって「世界中の子どもたちが、安全にサッカーを楽しめるグラウンド」を一緒につくりませんか?

タイトルとURLをコピーしました