カイゼン実例(チームの困りごと)

ハーフタイムに相手のことを全然考えていない。

カイゼン実例(チームの困りごと)

「社会人サッカーの困りごと」を、仕組みで解決した実例を公開しています。同じようなことに困っている方のお役に立てれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

■小さな困りごと
•前半は優勢だったが、後半から急に劣勢。
後半開始時に相手の変化を見極めるフローになっているものの、変化が予想外のもので、上手く対応できなかった。

■真因
•後半開始時に相手の変化を見極めてリアクションするフローは、機能している。
•一方で、相手がどのように戦術を変えてくるかを予測する工程がない。

■カイゼン策
•ハーフタイムは、明らかな戦術変更のタイミング。
ハーフタイムの議題に、「相手が何を考えているか?」を追加する。

■効果
•ハーフタイムに相手の気持ちを全員で考え、次に打ってくる手を想定し、準備しておけるようになった。
•相手の戦術変更に、焦ることなく対応できるようになった。

■補足
•私たちのチームのハーフタイムの議題は、自チームに関する項目ばかりでした。
•サッカーは相手がいるので、相手の立場で考える議題を設定しておくことは当然必要です。

■ちょっとだけ仕事モード
ものごとを上手く進めるための第一歩は、相手の気持ちになって考えること。
前半が劣勢だった相手は、当然穴を補強し、戦術を変えて攻めてきます。
相手の気持ちになって考えることで、相手の戦術変更へスムーズに対応できるようになります。
ほとんどの社会人チームは、自チームの話に終始していますので、相手チームについて話すことは差別化に繋がります。

■難易度
かんたん
ハーフタイムの議題に、「相手が何を考えているか?」を追加するだけです。

■オススメ度
★★
仕事で相手の気持ちを考える理由は、メリットが膨大だからです。サッカーでも同じです。

■キーワード
仕事もサッカーも相手の気持ちが大切。

免責事項
皆様が本サイトを利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。
カイゼン策は、個々の状況に応じて効果が変わることをご理解下さい。

 

…………………

上記の文章を、そのままスライドに転記した画像です。(画像として保存できます)

チームでの情報共有等にご利用下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

他にも「社会人サッカーの困りごと」を仕組みで解決した実例を公開しています。記事一覧

 

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました