カイゼン実例(チームの困りごと)

高い位置で奪えない時に、どう攻めるか曖昧。

カイゼン実例(チームの困りごと)

「社会人サッカーの困りごと」を、仕組みで解決した実例を公開しています。同じようなことに困っている方のお役に立てれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

■小さな困りごと
•ボールを高い位置で奪えない場合に、明らかに攻め手がなくなる。

■真因
•攻撃が、「ボールを高い位置で奪えるかどうか」に依存する。高い位置で奪えないと「自慢のダブルボランチが高い位置で奪う→超高速切替→ショートカウンター」という得意パターンが出せない。

■カイゼン策
•攻守問わず、リズムが悪い時はきっぱりと「高い位置で奪う」を諦め、攻守両面に効く万能の立て直し策「プランE(全員を低い位置まで下げて守る)」を実行する。

■効果
•相手がポゼッション型の場合は、プレスの位置を下げることで、相手ディフェンスラインを前のめりにさせることができ、裏にできた広大なスペースへ、「超高速切替からのロングカウンター」を仕掛けられるようになった。
•相手がロングボール型の場合は、ゴール前まで引いて密集して守ることで、自慢のダブルボランチが(高い位置ではないが)セカンドボールを拾いまくることができ、守備からリズムを変えられるようになった。

■補足
•ロングボール型の相手にプランEを使うには、ゴール前で競り勝てることが前提です。キーパーは特に重要。

■ちょっとだけ仕事モード
まずは、得意のパターンに持ち込むための条件は何なのかを明確にしましょう。
私たちの場合、得意のショートカウンターに持ち込むには、「高い位置で奪うこと」が条件でした。
そのうえで、条件が満たされない場合の予備のプランを用意しておきましょう。
プラン数は、なるべく少なくシンプルにしないと、練習環境がない社会人チームでは機能しないので注意が必要です。

■難易度
難しい
得意のパターンに持ち込むための条件を掴むのに少し時間がかかります。

■オススメ度
★★
予備のプランを持っている社会人チームは少ないと思います。差をつけるチャンス。

■キーワード
得意パターンの発動条件を明確に。ダメなら次の手を。

免責事項
皆様が本サイトを利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。
カイゼン策は、個々の状況に応じて効果が変わることをご理解下さい。

 

…………………

上記の文章を、そのままスライドに転記した画像です。(画像として保存できます)

チームでの情報共有等にご利用下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

他にも「社会人サッカーの困りごと」を仕組みで解決した実例を公開しています。記事一覧

 

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

 

 

love.fútbolのサポーターになって「世界中の子どもたちが、安全にサッカーを楽しめるグラウンド」を一緒につくりませんか?

タイトルとURLをコピーしました