カイゼン実例(チームの困りごと)

ロングボール型の相手に対する攻め手がない。

カイゼン実例(チームの困りごと)

「社会人サッカーの困りごと」を、仕組みで解決した実例を公開しています。同じようなことに困っている方のお役に立てれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

■小さな困りごと
•ロングボールに徹する相手に対して、明らかに相性が悪い。
•相手との力関係で劣っているわけではないが、上手く攻めることができない。

■真因
•ロングボールに徹する相手に対して、高い位置で奪ってショートカウンターという得意の攻撃パータンが破綻している。
•また、得意パターンが破綻していることに気づけていない。

■カイゼン策
ハーフタイムの最初の議題を、「高い位置で奪えているか?」にして、ボランチに採点してもらう。
•採点が低ければ、得意パターンが破綻していることに気づくことができる。

■効果
•得意パターンの破綻に気づけるようになった。
•あえてドン引きする(プランE)ことで、ロングボールを蹴らせずに繋がせる等、冷静に対策を打てるようになった。

■補足
•チームとして、苦手なタイプがはっきりしている場合は、「開始10分で相手がロングボール型かどうかチェックする」等の、より明確なチェックルールを活用しても構いません。

■ちょっとだけ仕事モード
戦術と現実の噛み合わせを、冷静に見極めましょう。
判断の基準は現実です。現実に応じて戦術を微修正したり、大胆に変更できる仕組みを用意する事が大切です。
私たちの場合は、「高い位置で奪ってショートカウンター」が破綻した場合は、プレスの位置や人員配置を微修正し
低い位置からのロングカウンター」にきっぱりと切り替えられるようにしています。

■難易度
ふつう
苦手なタイプを明確に認識できているチームは少ないはずです。まずは、自己分析から。

■オススメ度
★★★
「得意パターンが機能しているか」は必須のチェック項目です。

■キーワード
戦術と現実の噛み合わせ

免責事項
皆様が本サイトを利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。
カイゼン策は、個々の状況に応じて効果が変わることをご理解下さい。

 

…………………

上記の文章を、そのままスライドに転記した画像です。(画像として保存できます)

チームでの情報共有等にご利用下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

他にも「社会人サッカーの困りごと」を仕組みで解決した実例を公開しています。記事一覧

 

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました