カイゼン実例(チームの困りごと)

個の力でミスマッチが起こっている。

カイゼン実例(チームの困りごと)

「社会人サッカーの困りごと」を、仕組みで解決した実例を公開しています。同じようなことに困っている方のお役に立てれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

■小さな困りごと
•ディフェンスラインに、明らかなミスマッチが発生。相手フォワードが上手すぎて太刀打ちできない。
•そこを何度も崩されて、失点を重ねてしまった。

■真因
•個の力で負けている事実を、直視できなかった。
•個の力を組織でカバーすることにこだわり過ぎた。

■カイゼン策
•ミスマッチは致命傷。個の力で勝てる選手を当てて被害の拡大を食い止める。
•能力の高い選手をミスマッチ対応に使うことで、自チームの攻撃力が下がったとしても構わない。

■効果
•同じ場所を攻められて失点を重ねることがなくなった。
•ミスマッチを直視し、自分で申告したり、周りが指摘できるようになった。その結果、対策を打ちやすくなった。

■補足
•守備が崩壊しそうな時は、個の力が高い選手からディフェンスラインに並べましょう。
•明確に守備重視の判断も、時には必要です。

■ちょっとだけ仕事モード
明らかに個人の能力が原因で問題が起こっている場合は、エースを対策に当てて個の力で解決しましょう。
サッカーでは、ミスマッチを放置すると取り返しがつきません。試合が終わってしまいます。
試合中でも躊躇せず、手当てをしましょう。
ミスマッチを自己申告できたり、周りが指摘できる関係作りが重要です。

■難易度
難しい
個の力が高い選手を、ディフェンスラインから並べていくのは、簡単ではありません。

■オススメ度
★★
傷口は広がらないうちに、対処することが大切です。チームのために冷静な決断を。

■キーワード
傷口を広げないために、エースが手当てをする。

免責事項
皆様が本サイトを利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。
カイゼン策は、個々の状況に応じて効果が変わることをご理解下さい。

 

…………………

上記の文章を、そのままスライドに転記した画像です。(画像として保存できます)

チームでの情報共有等にご利用下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

他にも「社会人サッカーの困りごと」を仕組みで解決した実例を公開しています。記事一覧

 

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

 

 

love.fútbolのサポーターになって「世界中の子どもたちが、安全にサッカーを楽しめるグラウンド」を一緒につくりませんか?

タイトルとURLをコピーしました