カイゼン実例(チームの困りごと)

守備の司令塔を頼み忘れる。

カイゼン実例(チームの困りごと)

「社会人サッカーの困りごと」を、仕組みで解決した実例を公開しています。同じようなことに困っている方のお役に立てれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

■小さな困りごと
•いつもの守備の司令塔(センターバック)が欠席。
•もう一人のセンターバックに、守備の司令塔をお願いしておくのを忘れてしまった。(結局、試合直前に依頼)

■真因
•守備の司令塔の役割、タスクは明文化して全員で共有しているが、守備の司令塔を誰が担当するかを明示する仕組みがない。(いつもA選手なので、今日もA選手だろうという暗黙の認識)

■カイゼン策
•試合前日に配信するLINEノートに、新たな項目として「役割」を追加した。
•(例)役割:守備の司令塔:A選手 攻撃の司令塔:B選手

■効果
•担当者が明確になり、頼み忘れがなくなった。
•役割を事前に配信することで、担当者が心の準備をして試合に臨めるようになった。

■補足
•セットプレーのキッカーは、別途セットプレーのノートに記載しています。

■ちょっとだけ仕事モード
担当者の指名漏れで、タスクが宙に浮いてしまうことは仕事でもよく起こります。準備の遅延を生んでしまうので、事前に担当者を指名する仕組みを作りましょう。
仕事もサッカーも同じですが、資料はなるべく増やさないことがポイントです。
試合前に配信するノートに、項目を増やすのが最もシンプルなカイゼン策です。

■難易度
かんたん
毎回発生するtodoは、人ではなく、できるだけ仕組みで管理しましょう。

■オススメ度
★★★
試合前に配信するノートは、必要に応じてどんどんアップデートしましょう。

■キーワード
資料を増やさず、項目を増やす。

免責事項
皆様が本サイトを利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。
カイゼン策は、個々の状況に応じて効果が変わることをご理解下さい。

 

…………………

上記の文章を、そのままスライドに転記した画像です。(画像として保存できます)

チームでの情報共有等にご利用下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

他にも「社会人サッカーの困りごと」を仕組みで解決した実例を公開しています。記事一覧

 

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました