カイゼン実例(チームの困りごと)

エースがボールに触れない。

カイゼン実例(チームの困りごと)

「社会人サッカーの困りごと」を、仕組みで解決した実例を公開しています。同じようなことに困っている方のお役に立てれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

■小さな困りごと
•高い守備力と攻撃力を兼ね備えたエースを、ボランチに配置。「高い位置で奪ってショートカウンター」の要にしている。
•相手がロングボール型で、ボールがボランチの頭を超えてしまう展開だと、エースがなかなかボールを触れない。

■真因
•「エースが高い位置でボールを奪うこと」が理想だが、それができない時のエースの活かし方を考えられていない。
•「ボールを奪う位置」にこだわり過ぎて、「エースがボールに触ること」に着目できていない。

■カイゼン策
•「エースがボールに触れない」が最もダメなチーム状態。相手がロングボール型の場合、エースをセンターバックに下げ「高い位置で奪う」から「どこでも良いからエースが奪う」にシフトする。

■効果
•奪う位置が低くても、結局エースがボールを持つとチャンスに繋がることがわかった。
•エースがボールを触る回数が増えることで、苦手なロングボール型の相手からも流れを引き寄せられるようになった。

■補足
•元々は「自慢のダブルボランチが機能しない」が最もダメなチーム状態だと勘違いしていました。
•よくよく考えると、「エースがボールに触れない」が最もダメなチーム状態だと判明し、対策を打ちました。

■ちょっとだけ仕事モード
優秀な人材が、フル稼働するように組織を微修正した事例です。
優秀な人材は、基本的にどの場面でも一般の人材より良い仕事をしますが、できるだけ全体へのインパクトが大きい案件を担当させるべきでしょう。組織の成果が最大化するからです。
エースにはボールを触らせましょう。こぼれ球回収等、味方のサポートに回るのも上手くやりますが、もったいないです。

■難易度
かんたん
エースのポジションを状況に応じて変更するだけです。

■オススメ度
★★★
エースがボールに触るほど、チームのリズムは良くなります。

■キーワード
優秀な人材をフル稼働させる。

免責事項
皆様が本サイトを利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。
カイゼン策は、個々の状況に応じて効果が変わることをご理解下さい。

 

…………………

上記の文章を、そのままスライドに転記した画像です。(画像として保存できます)

チームでの情報共有等にご利用下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

他にも「社会人サッカーの困りごと」を仕組みで解決した実例を公開しています。記事一覧

 

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました