カイゼン実例(チームの困りごと)

セットプレーの守備が曖昧。

カイゼン実例(チームの困りごと)

「社会人サッカーの困りごと」を、仕組みで解決した実例を公開しています。同じようなことに困っている方のお役に立てれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

■小さな困りごと
•セットプレーの攻撃は、明確な型があり、事前確認のフローも機能している。
•セットプレーの守備は、明確な型がなく、即興のマンツーマンで対応している。

■真因
•3部リーグでは、失点をすることがほとんどなかったため、守備の型の必要性が低かった。
•これから挑戦する2部リーグでは、苦戦が予想されるため、守備の型を作るべき。

■カイゼン策
•コーナーキックの守備の型を作る。
•試合前のウォーミングアップ時に、攻撃のセットプレー確認と合わせて守備のセットプレー確認も行う。

■効果
•コーナーキックの守備時の位置、役割がはっきりした。

■補足
•空中戦担当、ストーン(石。動かない)担当、こぼれ球担当、ショートコーナー担当等を決めています。
•「どこのポジションの選手がこの役割」というわけではなく、役割は個人に紐づきます。
•セットプレーの攻撃については、パターンが多いので事前配信していますが、守備は当日確認のみとしています。

■ちょっとだけ仕事モード
一般に得点の50%はセットプレー。
それは、相手にとっても同じです。とても重要な案件なので、攻撃だけでなく守備にも気を配りましょう。
本当に大事なことは、本番直前にもう一度確認の場を設けるのは仕事でも同じです。
ウォーミングアップで体を動かしながら確認することで、理解度が飛躍的に上がります。

■難易度
ふつう
効果的な守備の型の作成に少し時間がかかります。

■オススメ度
★★★
明らかにセットプレーへの自信が高まります。

■キーワード
セットプレーは相手にとっても大チャンス。

免責事項
皆様が本サイトを利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。
カイゼン策は、個々の状況に応じて効果が変わることをご理解下さい。

 

…………………

上記の文章を、そのままスライドに転記した画像です。(画像として保存できます)

チームでの情報共有等にご利用下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

他にも「社会人サッカーの困りごと」を仕組みで解決した実例を公開しています。記事一覧

 

困りごと相談(無料)はこちら

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました