ドイツ社会人サッカー体験記

感動!!!ドイツ最後の1週間で起こったこととは?

ドイツ社会人サッカー体験記

ドイツローカルクラブでの2シーズンを、体験記として公開しています。ドイツ社会人サッカーの「リアル」をお伝えできれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

リーグ最終戦の翌週が、ドイツ最後の1週間でした。

 

試合から2日後の、火曜日。

アクシデントが起こります。

ハムストリングの痛みが、再発してしまったのです。

 

翌日の水曜日、仕事を終えた後、入替戦の第1戦、アウェイゲームに向かいました。

コンディションの問題か、戦術的判断かはわかりませんが、90分間ベンチに座ったまま、出場はありませんでした。

 

試合は、1ー1で終了。

ロスタイムに追いつかれてしまったものの、アウェイでの引分けは、悪くないものでした。

 

金曜日の夜。

監督のサーシャから、「最後に2人で食事をしよう」と誘われた私は、クラブハウスのレストランに向かいました。

 

ドアを開けると、、、

爆音で、カンナムスタイルが流れ始めました。

 

よく見ると、席を埋め尽くしているのはチームメイト。

サプライズ送別会でした。

驚く暇もなく、カンナムスタイルを踊ると、レストランは大興奮に包まれました。

 

たくさんの、送別の言葉をもらい、私は涙が止まりませんでした。

本当に家族のような絆で繋がった、素晴らしいチームの一員になれたと感じました。

 

 

チームメイトは、2日後の日曜日に、入替戦の第2戦を控えながらも、朝まで送別を惜しんでくれました。

 

美しい土曜日の朝、絶対に残留することを誓い、帰路につきました。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらの関連記事も、是非ご覧下さい!!!

ドイツで2年プレーして感じた、日本サッカーとの20個の違い

タイトルとURLをコピーしました