ドイツ社会人サッカー体験記

残留争いの行方は?

ドイツ社会人サッカー体験記

ドイツローカルクラブでの2シーズンを、体験記として公開しています。ドイツ社会人サッカーの「リアル」をお伝えできれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

出張から戻った4月下旬。

日本への異動、帰国が決まりました。

 

つまり、私に残されたのは、あと5試合。

ハムストリングの肉離れは治らず、焦りが募りました。

 

祝日の木曜日、降格を左右する大切な、リーグ第20節を迎えました。

 

相手は、リーグ13チーム中の最下位。

私たちは12位。

12位、13位が自動降格。

10位、11位が入替戦に回ります。

 

絶対に、勝たなくてはいけない試合でした。

久しぶりにチームに合流(怪我のため見学)した私は、驚きました。

 

エースストライカーのシュテアナが、松葉杖をついていたからです。

攻撃の駒が足りないのは、明確でした。

 

試合が始まると、予想通り攻撃が全く形になりません。

チャンスを作れないまま、時間だけが過ぎていきます。

 

 

結局、残り5分で、GKのクリアミスから失点して0ー1の敗戦。

私たちは、最下位に落ちてしまいました。

 

20試合を終えて、勝点12。

12位が勝点15、11位が勝点16。

自動降格を免れるには、残り4試合で、勝点差4をひっくり返し、11位に浮上する必要があります。

 

例年同様、窮地に追い込まれて、リーグ最後の1ヶ月を戦うこととなりました。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらの関連記事も、是非ご覧下さい!!!

ドイツで2年プレーして感じた、日本サッカーとの20個の違い

タイトルとURLをコピーしました