ドイツ社会人サッカー体験記

必見!!!インタビューをして分かった、ドイツ人監督のニーズとは?

ドイツ社会人サッカー体験記

ドイツローカルクラブでの2シーズンを、体験記として公開しています。ドイツ社会人サッカーの「リアル」をお伝えできれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

私は、所属チームのドイツ人監督、サーシャにインタビューを行なっていました。

 

 

Q1、練習時に大切にしていることは?

A1(サーシャ)

ボールを使うことと、コーディネーションを高めること

 

確かに、練習の始めは毎回サーキットトレーニングでした。

ボールを使うセクションと使わないセクション(ラダーやポールをステップするもの)が半々。

サーシャは、この種のトレーニングを組むのが得意なのだろうと、やりながら感じていました。

 

Q2、試合時に大切にしていることは?

A2(サーシャ)

勝利への意志、チームスピリット、戦術(イメージの共有)

 

試合前には、サーシャの演説が20分ほど続きます。

ドイツ語がわからない私は、キャプテンのメルシーに聞きました。

「闘え と 一緒に というドイツ語しか、聞き取れなかった。他に、何を話していたか教えて欲しい」

メルシーは「その2つを20分、語っていただけだ」

と教えてくれました。

サーシャは、数多くの要求をするのではなく、限られたキーワードについて語っていました。

 

Q3、私たちのチームの良いところは?

A3(サーシャ)

チームワークと、小さな村の様な家族の雰囲気

 

チームメイトから、このクラブで20年一緒にプレーしている仲間がたくさん居る、と聞いた時には驚きました。

それが、ドイツでは当たり前だと思っていましたが、ここまで家族のような繋がりを持てるのは特殊なケースだと、サーシャは教えてくれました。

 

Q4、私たちのチームの悪いところは?

A4(サーシャ)

(イージーな)技術的なミスが多い

週2回の練習のうち、ほとんどの選手は1回しか参加できない

 

初めての練習で、ドイツ人のあまりの技術の低さに驚いたことを覚えています。

ドイツ人は、試合では気持ちが技術を凌駕し、ミスを目立たなくしていますが、サーシャの目には、課題として明確に捉えられていました。

 

練習に参加できるのは、私も週1回でした。

まずは、週2回練習に参加するだけでも、サーシャのニーズに近づけることがわかりました。

 

Q5、サッカー選手として大切なことは(3つ)?

A5(サーシャ)

アスレチック(コーディネーション、パワー)、意志、ファン(楽しむこと)

 

理学療法士だけあり、かなりフィジカルを重視していることがわかりました。

 

Q6、日本人プレーヤーの特徴は?

A6(サーシャ)

クイックネスが優れている、テクニックがある、楽しんでプレーしている

 

香川選手のように素晴らしい選手が居る。

一方で、パワーに関してはヨーロッパ人と埋めがたい差がある。

これはDNAの違いというしかないだろう。

そう語ってくれました。

 

インタビューを終え、サーシャにお礼を言って、レストランを出ました。

 

サーシャのニーズであるにも関わらず、自分に足りていないものは何だろう?

1人でグランドを眺めながら、考えていました。

 

勝利への強い意志を、今以上に持つこと。

戦術(特に守備)を、今以上に理解して試合に臨むこと。

この2つがポイントだと結論付けました。

 

得意な攻撃だけではなく、守備もできる選手でなければ、サーシャの思う、良い選手にはなれないことがわかりました。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらの関連記事も、是非ご覧下さい!!!

ドイツで2年プレーして感じた、日本サッカーとの20個の違い

タイトルとURLをコピーしました