ドイツ社会人サッカー体験記

覚醒!!!監督代行が与えた新たなポジションとは?

ドイツ社会人サッカー体験記

ドイツローカルクラブでの2シーズンを、体験記として公開しています。ドイツ社会人サッカーの「リアル」をお伝えできれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

8月30日。

新たなシーズンが、開幕しました。

私にとっては、ドイツでの2年目のシーズンです。

 

初戦は、1stチームには入れたものの、ベンチスタート。

プレシーズンで、4試合2ゴールとまずまずの結果を出していましたが、スーパーサブの地位を抜け出すことはできませんでした。

後半20分から、4-4-2のFWとして出場しましたが、ゴールを決められず、0-0の引き分けに終わりました。

 

次の週は練習、試合共に参加できず、第3節は2ndチームに召集されました。

4-4-2の左サイドハーフでの先発。

 

公式戦では、デビュー戦依頼1年ぶりのポジションです。

2ndチームということもあり、攻撃の中心として、気持ち良くプレーをすることができました。

前半に私のゴールで先制するも、後半に追いつかれて1-1の引き分け。

ただ、個人としてのパフォーマンスには手応えがありました。

 

第4節。

監督のサーシャがバカンスで不在だったため、2ndチームの監督であるフレッドが、1stチームの監督代行を務めました。

 

私は1stチームで初めて、左サイドハーフとして先発出場しました。

この日は心技体が調和し、自分でも信じられないほど体がキレていました。

大学時代に戻ったような感覚。

 

【引用:http://www.bvb.jp/photos/?req_year=2016&req_month=8】

 

ドリブルを始めれば、誰にも止められない状態でした。

前半は、カウンターでいくつか良い形を作るも0-1。

 

ただ、ハーフタイムにロッカールームに戻ると、雰囲気は悪くないものでした。

フレッドが、口を開きました。

「ナックにボールを渡せば、確実にチャンスを作ってくれる。徹底的に彼のところから攻撃しろ。」

 

チームメイトも「今日のお前は、絶対に止められない」と声をかけてくれました。

後半、私は相変わらず絶好調でした。

ドリブルもパスも、思い通り。

それでも、チームとしての自力に差があり、私達のペースとはなりませんでした。

 

私は2アシストを決め、90分を終えました。

結果は、2-3で惜敗。

勝つことはできませんでしたが、アウェイまで来てくれたファンの方々は、口々に私のプレーを賞賛してくれました。

 

私は、ようやく実力が発揮できたと感じました。

コンディションさえ整えば、昔の自分に戻れる。

そうすれば、十分にチームの中心として戦える。

大きな自信を得た1日となりました。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらの関連記事も、是非ご覧下さい!!!

ドイツで2年プレーして感じた、日本サッカーとの20個の違い

タイトルとURLをコピーしました