ドイツ社会人サッカー体験記

感謝!!!初めてドイツを訪れた両親に、見せたかったものとは?

ドイツ社会人サッカー体験記

ドイツローカルクラブでの2シーズンを、体験記として公開しています。ドイツ社会人サッカーの「リアル」をお伝えできれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

7月中旬、1ヶ月のオフが明け、新たなシーズンが始まりました。

 

日本がお盆休みに入る8月11日、両親が初めてドイツに来てくれました。

1週間の滞在のうち、1日だけ私の所属クラブの練習試合がありました。

 

6歳から18歳まで、たくさんの試合を見に来てくれていた両親。

私は、10年振りに試合を見てもらうことにしました。
(大学時代は遠方だったため、観戦の機会がありませんでした)

 

木曜日の夕方、サッカー好きの両親と共にアウェイゲームに向かいました。

残念ながら、私はベンチスタート。

 

ただ、両親は、私が外国人のチームメイトと英語で話したり、アップをしたりしているのを、楽しそうに見ていました。

素晴らしいグランド、美味しいビール、気持ちの良い夜風、サッカー観戦には最高の環境でした。

 

 

後半15分、ようやく私の出番が訪れました。

4-1-4-1の1トップ。

 

「両親の前でプレーするのは、これが人生で最後になるだろう」と思いました。

練習試合とはいえ、気合が入りました。

 

幸い、体もキレていました。

トラップもドリブルも、思い通り。

誰も止められないほどのパフォーマンスでした。

 

残り5分。

左サイドを突破した俊足ウイングのコンスティンがグランダーのクロス。

マークを振り切った私が、左足インサイドでゴールに流し込みました。

 

こんなに幸せなゴールは、経験したことがありません。

生まれて初めて「少し親孝行ができたな」と感じました。

 

試合を終えると、両親は興奮した様子で、拍手をしながら迎えてくれました。

高校3年生だった11年前の私の姿とは、何もかもが違ったことでしょう。

 

家に帰り、3人でお酒を飲みながら、昔話に花を咲かせました。

 

滞在期間の最終日。

夕方、荷物の整理をしていた両親を、散歩に誘いました。

向かった先は家から歩いて3分のホームグランド。

私と父は、久しぶりに2人でボールを蹴り合いました。

 

母はベンチに座り、嬉しそうに私たちを見ていました。

ドイツで父と、サッカーをする日が来るとは…。

 

この上なく幸せな時間で、両親との休暇を終えました。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらの関連記事も、是非ご覧下さい!!!

ドイツで2年プレーして感じた、日本サッカーとの20個の違い

タイトルとURLをコピーしました