ドイツ社会人サッカー体験記

大一番!!!運命の入替戦第2戦の結果は?

ドイツ社会人サッカー体験記

ドイツローカルクラブでの2シーズンを、体験記として公開しています。ドイツ社会人サッカーの「リアル」をお伝えできれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

6月14日、アウェイでの入替戦第2戦を迎えました。

水曜の第1戦から、日曜の第2戦まで練習はなく、私は再び召集外でした。

 

この試合、印象的だったのは、3週間前まで2ndチームに居たルーカス(左利きのファンタジスタ)が、スタメンで、10番を付けて出場したことです。

私が出張していた2週間で、見事にチャンスを掴んだのです。

 

発端は、ブルガリア人センターバックが仕事の都合で退団、帰国したこと。

その玉突きで、攻撃的なポジションに空きができました。

たまたま私も出張中だったため、彼に出場機会が回ってきたそうです。

彼はそこで見事にゴールを決め、入替戦での10番、スタメンの座を勝ち取りました。

 

チームは、コーナーキックからあげた1点を守りきり1ー0で勝利。

見事、残留を決めました。

 

【引用:http://www.bvb.jp/photos/?req_year=2017&req_month=4】

 

クラブハウスに戻り、セレブレーションパーティが始まりました。

ひたすらお酒を飲み、歌い、踊りました。

 

盛り上がりが最高潮を迎えた頃、チームメイトがおもむろに外に出始めました。

ユニフォームを着て、太鼓を叩き、チームの応援歌を歌いながらクラブハウスの前の公道を連なって歩き、勝利のダンスを踊りました。

車線を遮る法律違反ギリギリのお祝いでしたが、走行中の車は止められたにも関わらず、軽くクラクションを鳴らし、笑顔で祝ってくれました。

 

ルーカスではなく、私が入替戦で活躍していれば、もっとパーティを楽しめたのかもしれない、、、。

嬉しさ半分、悔しさ半分という感情でした。

 

来シーズンは、サッカーの優先順位を上げ、何としても10番を背負ってチームに貢献したいと決意を新たにしました。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらの関連記事も、是非ご覧下さい!!!

ドイツで2年プレーして感じた、日本サッカーとの20個の違い

タイトルとURLをコピーしました