ドイツ社会人サッカー体験記

入替戦第1戦の雰囲気は?

ドイツ社会人サッカー体験記

ドイツローカルクラブでの2シーズンを、体験記として公開しています。ドイツ社会人サッカーの「リアル」をお伝えできれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

リーグ戦最後の2試合は、出張のため参加することができませんでした。

チームは何とか自動降格を免れ、9部リーグとの入替戦に進みました。

 

入替戦の前日に出張から戻った私は、召集外。

そもそも、入替戦があることも当時の私はよくわかっていませんでした。

 

入替戦は、ホーム&アウェイの2試合で行われます。

初戦はホームで、水曜の19時キックオフ。

仕事帰りに会場に着いた私は、観客の多さにビックリしました。

 

ピッチの四方を、ファンが埋め尽くしています。

その数3ー400人。登録外メンバーは太鼓を持ち、下部組織の子ども達と大声で応援をしています。

 

激しいプレーの応酬で、1つ1つのプレーに大歓声があがりました。

途中、負傷者が出て救急車が来る一幕も。

 

私がカルチャーショックを受けたデビュー戦をはるかに上回る光景に、

「やっぱり日本のサッカーとは違う競技だ」

と改めて感じずにはいられませんでした。

 

試合は、2ー1で終了。

日曜の第2戦を前に、貴重な勝利をもぎ取りました。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらの関連記事も、是非ご覧下さい!!!

ドイツで2年プレーして感じた、日本サッカーとの20個の違い

タイトルとURLをコピーしました