ドイツ社会人サッカー体験記

1stチームでの初先発の結果は?

ドイツ社会人サッカー体験記

ドイツローカルクラブでの2シーズンを、体験記として公開しています。ドイツ社会人サッカーの「リアル」をお伝えできれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

4月下旬から、5月下旬にかけての1ヶ月は、半年に1度の展示会のため、全くサッカーの練習、試合に参加することができませんでした。

出張から戻り、ようやく1度練習に出席して迎えた第23節。

 

私は、ブランクがあったにも関わらず、1stチームに召集されました。

チームは2連敗で残り4試合、自動降格か入替戦かという順位をさまよっています。

 

ホームで、首位チームとの対戦。

意外にも、スタメンで私の名前が呼ばれました。

4ー4ー2のフォワード。

1stチームで、初めてのスタメンです。

 

【引用:http://www.bvb.jp/photos/?req_year=2017&req_month=5】

 

ぶっつけ本番の布陣でしたが、チームとして不思議なほど上手く機能していました。

私個人の調子も良く、得意のドリブルで何度もチャンスを作ることができました。

 

先制されたものの、こちらのペースで試合は進み、後半20分にPKで同点に追いつきました。

勝利は目前でしたが、仕留めきれずにタイムアップ。

 

首位相手に、残留に繋がる大きな勝ち点1を得ることができ、監督からも「今シーズンのベストゲームだ」との総括がありました。

会場は大いに盛り上がり、ゴールこそ決められなかったものの、良いパフォーマンスができたと感じました。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらの関連記事も、是非ご覧下さい!!!

ドイツで2年プレーして感じた、日本サッカーとの20個の違い

タイトルとURLをコピーしました