ドイツ社会人サッカー体験記

1stチームでの初ゴールが、もたらした物とは?

ドイツ社会人サッカー体験記

ドイツローカルクラブでの2シーズンを、体験記として公開しています。ドイツ社会人サッカーの「リアル」をお伝えできれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

3月22日、リーグ戦が再開されました。

 

雪の量が減り始めた2月中旬から約1ヶ月。

ボールを使ったトレーニングで何とかアピールし、1stチームの一員としてこの試合を迎えました。

 

この日は珍しく前半からリードを奪う展開。

2ー0で迎えた後半15分に、4ー1ー4ー1の1トップとして出番を迎えました。

 

コンディションも良く、試合展開から考えても、ゴールを決める予感がありました。

 

出場から5分後、味方がスルーパスで右サイドを突破しました。

私が完全にボールウォッチャーになった相手センターバックの背後を取りフリーになると、グランダーのクロスがキーパーとディフェンダーの間に送られました。

 

右足のインサイドで流し込み、1stチームでの初ゴール。

多くのチームメイトが、祝福に集まってくれました。

 

【引用:http://www.bvb.jp/photos/?req_year=2017&req_month=9】

 

その後、味方のミドルシュートをキーパーが弾いたところを左足インサイドで押し込み、2点目をゲット。

 

相手は退場者も出して、終わってみれば7ー0の大勝。

勝ち点、得失点差を上積みする、貴重な勝利となりました。

試合後、チームメイトが次々に「初ゴールおめでとう」と声をかけてくれました。

 

チームメートと、更に一段、心が繋がる感覚。

私は、ようやくチームの一員になれたと感じました。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらの関連記事も、是非ご覧下さい!!!

ドイツで2年プレーして感じた、日本サッカーとの20個の違い

タイトルとURLをコピーしました