ドイツ社会人サッカー体験記

社会人プレーヤーのリアル!!!サッカーと仕事は、両立できるのか?

ドイツ社会人サッカー体験記

ドイツローカルクラブでの2シーズンを、体験記として公開しています。ドイツ社会人サッカーの「リアル」をお伝えできれば幸いです。

ライタープロフィール

…………………

 

9月下旬からの1ヶ月は、猛烈な仕事に追われ、練習、試合ともに全く参加できませんでした。

年に2回行われる展示会と、ロシアで大きなプロジェクトのプレゼンテーションがあったからです。

 

 

この1ヶ月は、心身ともにボロボロになるまで仕事をしました。

特に初めての展示会では、ヨーロッパ人の同僚とのビジネススキルの差を目の当たりにし、自分の能力の無さを痛感しました。

 

一生忘れられない、意識のスイッチが切り替わる経験でした。

今思えば、本当に苦しい期間でしたが、その後の成長を加速させてくれる、かけがえのない日々でした。

 

この頃は、仕事もサッカーも苦戦し、日本人の個性とは何か、どうすればチームに貢献できるのかをずっと考えていました。

もちろん、答えは簡単に出るものではありません。

ただ、仕事で成果に繋がった考え方を、サッカーにも水平展開できそうだという感覚がありました。

 

展示会終了後の10月下旬。

1ヶ月練習に行けないまま迎えた3rdチームのホームゲーム(第11節)で怪我をし、ウインターブレーク前の残り3試合の欠場が決まりました。

 

コンスタントに練習に参加できなければ、怪我のリスクが増える。

仕事を上手くマネジメントし、ある程度余裕がなければ、サッカーで結果を出すことはできないなと、痛感しました。

 

サッカーと仕事を両立することはできませんでしたが、無我夢中で仕事をしたこの期間は、一生の財産となりました。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こちらの関連記事も、是非ご覧下さい!!!

ドイツで2年プレーして感じた、日本サッカーとの20個の違い

タイトルとURLをコピーしました